意外と知らないねんざの治療法

正しい捻挫(ねんざ)の治療

捻挫をした時は、痛みや炎症が広がらないようにするために、とにかく患部を冷やします。患部を冷やすアイシングは、痛みを鈍化させて一時的に痛みをごまかす手段であり、根本的な治療にはなりません。しかし捻挫の患部の炎症で内出血や、腫れて痛みが激しい時に、患部を温めると血流が良くなって痛みが激しくなって我慢できなくなってしまいます。

 

冷シップでは、患部の温度調節ができませんので、冷シップよりは、ビニール袋に氷を入れてタオルの上から冷やします。患部の熱で氷が解けて来たら新しい氷に変えて冷やし続けるのが効果的です。鎮痛剤を打つよりも効果的です。

 

しかし、氷が用意できない時、冷シップしかない時は、冷シップにも鎮痛剤が含まれていますので効果はあります。頻繁に冷シップを取り替えるともっと効果的です。包帯やテーピングをするのは、固定をすることで安静を保つもので、テーピングをすると運動が可能となるのは間違いです。

 

そして、ある程度痛みや炎症が治まったら温シップを貼りましょう。温めて血流を良くすることで酸素や栄養分を患部に多く運んで、炎症を修復しようとします。患部の炎症が治まっているのに冷やし続けるのは、血流悪くし自己回復力を妨げる行為となってしまいます。

 

捻挫には、痛みは感じないが捻った患部を押すと痛みを感じる程度の軽度の捻挫と、動かすことができても腫れが著しく痛みも激しい、靭帯の損傷や断裂を伴っている中程度の捻挫、患部が腫れて関節を動かすことが全くできず無い靭帯や骨・関節に損傷が見られる重度捻挫があります。

 

捻挫の症状の状態によって治療の仕方が異なるので、軽度捻挫であっても医師の診察を受けることをお勧めします。